出会い系サイト規制法を違反しないために

出会い系サイト規制法で出会い系サイトはなくなるの?

児童ポルノを防止するための法律で出会い系サイトが違法であるという法律ではありません。

出会い系サイト規制法という名前を聞くと「出会い系サイトはすべて違法であるんじゃないか」と心配になってきますよね。大丈夫です。出会い系サイト自体に違法性があるという法律ではありません。

 

むしろ、出会い系サイトを利用している人を保護する法律というふうに考えることもできます。

 

出会い系サイト規制法とは

出会い系サイト規制法とは児童に交際を求めるような書き込みを禁止している法律です。それ以外にも細かい条例はあるようですが、主に関係してくるのは児童との交際を積極的に持とうとしていないかということです。

 

例えば、こんな書き込みをしたらイメージです。「16歳の女子高生いませんか?おいしいご飯をごちそうするのでメッセージください。食後は静かな場所で2人きりになれるホテルでゆっくり過ごしましょう。」こういった書き込みはおそらくほとんどの場合で出会い系サイト規制法に引っ掛かるでしょう。

 

法律で定められている児童とは18歳未満のことです。女子高生や女子中学生をねらった書き込みだけでなく、男子高校生や男子中学生をねらった事件も最近は増えてきています。

 

書き込みが見つからずうまくやり過ごせたとしても、未成年と性的な関係を持てば児童ポルノ処罰法で裁かれます。

 

出会い系サイトは18歳未満の登録を許していないので、基本的には出会った人が18歳未満だったりすることはありませんが、出会い系サイト規制法についてはぼんやりとで良いので覚えておきましょう。

 

出会い系サイト規制法を違反すると逮捕される?

逮捕される場合もあります。罰金の支払いで処罰されることもあります。

 

その場合、実際に相手が18歳未満であると分かった上で声をかけたのかどうかが重要になってきますが、意図せずして逮捕されそうになった時には裁判所に提出する証拠を用意する必要があります。

 

罰則は?

100万円以下の罰金が科せられることになっています。具体的に幾ら罰金人を支払うことになるかはケースバイケースです。最高で100万円ということです。

 

ただし、これは出会い系サイト規制法に基づく処罰です。児童ポルノ処罰法出会ったり児童売春に関わった場合はそれ以外にも処罰の対象となります。5年以下の懲役や300万円以下の罰金を科せられることもあります。

 

普通の利用方法で楽しんでいけば児童ポルノに引っ掛かることはまずありえませんが、あやしい出会いには絶対に近づかないようにしましょう。ちょっとした遊びのつもりが大事になりかねません。

 

万が一、裁判所に行かなくてはならないという異なった場合は弁護士に相談しましょう。出会い系サイトの被害を専門に扱った弁護士事務所もありますし、信頼できる弁護士か働いている事務所にお願いするのも良いです。

 

無実の罪を証明するだけではなく、減刑するためにも弁護士に頼る必要があります。

出会い系初心者ならコレ!

はじめてでも安心! 初心者でも安全に利用できる出会い系サービスはこちら ⇒PCMAX安全?危険や違法性・詐欺の口コミ評判2017

関連ページ

出会い系サイトで警察のお世話にならないために
出会い系サイトを安全に利用しましょう。警察に捕まる危険は避けるべきです。
出会い系サイトでよくあるトラブルは?
出会い系サイトの利用者でよくあるトラブル
出会い系アプリの被害!女性も注意!
出会い系アプリの被害でよくあるものを紹介します。女性も注意しましょう。
出会い系サイトで騙された!対処法
出会い系サイトで騙された!なんてならないための対処法を紹介。
出会い系サイトで事件に巻き込まれないために
出会い系サイトで事件に巻き込まれないための注意喚起
出会い系サイトから迷惑メールや電話はくるの?個人情報の安全
迷惑メールや電話がくる心配、ありますよね。個人情報の安全について押さえておきましょう。
出会い系サイトは法律に違反している?違法性は?
出会い系サイトが法律に違反している心配はありません。
出会い系サイトで彼氏や彼女はできる?安全なの?
出会い系サイトで出会った彼氏や彼女が安全な理由です。