LINEを使った出会い系アプリは?

LINEを使った出会いアプリって最近増えてきていますよね。

 

 

カカオトークやLINEを使った「ぐるちゃ」なんかが掲示板としてよく知られています。

 

「ぐるちゃ」って初めて聴いた人にはわからないかもしれません。私も最初に聞いたときどういう意味か全くわかりませんでした。

 

「ぐるちゃ」はグループチャットの略だと思います。

 

LINEやカカオトーク、SkypeなどのIDをやりとりする掲示板みたいなものです。目的や趣味に合わせてグループを作って仲の良い人たちで集まる仕組みです。

 

一対一でやりとりをする人もいるだろうし、20人とか30人ぐらいのかなり大人数なグループで運営されていたりもします。

 

なかには「仲よしファミリー」みたいなグループを作って、オフ会を開いている人たちもいますね。

 

 

個人的な意見ですが、これはかなりチャラい人向けです。チャラい人っていうとイメージが湧きづらいかもしれません。もう少し具体的に言うと警戒心がかなりない人たちのことです。

 

 

出会い系サイトよりグループチャットに集まる人たちの方が事件性が高いということを知っておきましょう。

 

なぜかというと、グループチャットの参加条件には年齢規制がないからです。もちろん年齢規制が明記されているグループもあるかもしれません。

 

だけど、現実的に年齢確認をする手段をとっているグループはまずないでしょう。

 

出会いにまつわる法律で注意しておくべきものに出会い系サイト規制法、児童ポルノ処罰法があります。実際はもっと長い名前ですか。内容も多岐にわたります。

 

大まかに重要なところだけ言うと、18歳未満の児童に交際を迫ったりすると出会い系サイト規制法に引っかかってしまいます。

 

つまり、グループチャットも呼びかけに18歳未満の児童が参加してしまうと、その書き込みをした人は出会い系サイト規制法に引っかかってしまう可能性が十分にあるということです。自分でも知らない間に法律を犯してしまって、逮捕されてしまうなんて人は出てくるのも時間の問題だと思います。

 

警察は基本的に事件が起こってからしか動かないし、法律の変化もそうです。簡単には法律は変化しませんし、追加もされません。だけど事件が起こったり、事件性が高くなってきた場所には厳しい規制が入ってきます。

 

出会い系サイト規制法って名前だけに出会い系サイトばかりに目が向きがちですが、無法地帯となってきているグループチャットは気をつけたほうが良いです。

 

特にLINEのアカウントなんかを使って出会いをしようなんてifに考えている場合は注意した方が良いです。

 

無料でコスパがいいじゃんと思うかもしれませんが、リスクが高すぎるのでおすすめしません。